会社情報

日本中央研究所株式会社 代表取締役社長  間中 恭弘

経営理念

安心・安全にこだわった環境負荷の小さなモノづくりを介して、世界中のパートナー企業と地球温暖化対策に貢献する。

  • この仕事を通じた多くの方との出会いに感謝すること。
  • 価値観の違う世界の仲間を受け入れること。
  • モノづくりは素材や技術、そして物理的反応や科学的計測方法にこだわること。
  • 常に良品を目指すこと。
  • 頭一つの違いにこだわること。
  • 価格競争に参入しないこと。

ビジョン

地球温暖化対策への参画

  • エネルギー効率の良い遮熱対策を普及させること。
  • 健全な事業収益を追求し、多くの納税責任を果たすこと。
  • 環境負荷の小さな地球人を目指すこと。
  • 収益の1%を恵まれない子供達のために供出すること。

行動指針(真・善・美)

Adgreencoat®のフラッグを世界中に立てる

  • 各国の現地企業との間に、恒久的な製造・販売提携契約を締結すること。
  • 2018年度中に遮熱塗料の総販売量世界一企業を掲げること。

世界初の塗料

cp
私たちは断熱性の高い多孔質セラミックと正反対の「放熱性が高い無孔質ファインセラミックス(原料名:アドマファイン)」に出会い、熱線遮蔽塗料を誕生させました。

アドマファインは精密機器の小型化に不可欠な封止材として、世界中に輸出されている優れものです。

断熱塗料と遮熱塗料は、共に熱対策に用いられるものですが、後者は「太陽光線からの影響を軽減」するために開発されたものです。
遮熱塗料とは、「添加物のセラミック」及び「顔料」の複合効果に機能性を依存しているもの。
(通常メーカーは中空バルーンと呼ばれる断熱系セラミックを使用している。)


私たちの製品のみがファインセラミックスに放熱の機能を求めたのです。

 

遮熱原料の誕生秘話(株式会社アドマテックスのHPから抜粋)

“アドマファインは0.1ミクロンの粉”

失敗は成功のもと、とはよく言われる言葉だが、同社はまさにそれを体験した会社である。1990年まったくの偶然の産物がトヨタ自動車の新規事業第1号として新会社を誕生させた。 以来その製品は世界中の半導体に使用され、パソコン・携帯電話・プラズマテレビ・液晶テレビ・メモリーカード・デジカメ・ゲーム機・携帯音楽プレーヤー・DVD・CD・といった家電業界製品から、航空機や自動車、電車まで、私たちの生活のあらゆるシーンに欠かせない大きな存在へと成長している。

「アドマファイン」の大きさは、0.1ミクロン(100ナノ)。煙の粒子と同等のわずか1万分の1ミリという微粒子、この小さな粒子が世界中の半導体にとって非常に重要な鍵を握っている。世界中の殆どの半導体に同社のアドマファインが使用されています。



国内での取引はNCK販売株式会社
Top